Workspace ONE Accessってなんだ?

 この投稿は「vExperts Advent Calendar 2022」の17日目の投稿です。

VMware Workspace ONE UEMについて、機能の概要を紹介する記事は以前書いたことがあるのですが、Workspace ONE UEMとよくセットで出てくるWorkspace ONE Accessについては紹介する記事を書かずに、いきなりREST APIにアクセスするような記事を書いていたので、Workspace ONE Accessを紹介する記事を記載していこうと思います。

Workspace ONE Accessは、Workspace ONEに含まれる、アクセス管理機能を提供するSaaSサービスです。ユーザーが仮想アプリケーションやWebアプリケーションを利用する際に、以下の機能を提供します。

  • ユーザーポータル機能
  • シングルサインオン機能
  • アクセスポリシー機能

Oktaなどの専業のアクセス管理のSaaSサービスと比べると、ユーザープロビジョニング機能や、ソーシャルログイン機能、用意された他SaaS連携用テンプレートの数などでは見劣りすることがありますが、すべてのWorkspace ONEのエディションで利用可能であり、UEMとほぼセットになってついて来ます。そのため、自社の利用用途にかっちりハマって、有効に使うことができれば非常にお得なサービスととらえることもできます。

Workspace ONE Accessは主に以下の機能を提供します。

●ユーザーポータル機能

ユーザーポータル機能は、一般ユーザーにポータルサイトを提供します。
このポータルサイトにはWebサイト、WebアプリのリンクやHorizonなどのVDIへのリンクを含めることができ、ユーザーが個別に一つ一つのリンクをブックマークする負担を軽減することができます。

vExpertや、VMwareのパートナー企業に所属する方が利用可能なTESTDRIVE内に用意されたいくつかの製品の体験版アクセス時に利用するユーザーポータルなども、Workspace ONE Accessが利用されています。